惣菜製造業技能評価試験制度

よくある質問

試験についてのよくあるご質問

1 試験や申請手続等について

1 試験や申請手続等について

1-1. 惣菜製造業の技能評価試験(初級)について教えてください。
1-1. 技能評価試験は学科試験と実技試験の2つから構成されていて、両方に合格する必要があります。なお、実技試験は実習計画に基づいて「加熱作業」「非加熱作業」のどちらかを受験してもらいます。
1-2. 実技試験には実技要素試験も含まれます。実技要素試験では、安全衛生と調理機械に関する知識について筆記試験を行います。
2. 学科試験(初級)はどのように行われるのでしょうか?
2. 試験は日本語で行われます。問題はひらがなとヘボン式ローマ字で書かれていて、試験官が読み上げる形で進んでいきます。正誤選択式で20問あります。
3. 学科試験の過去問題はありますか?
3. あります。トップページのアイコンからご利用ください。毎年4月上旬に前年度使用問題(学科試験のみ)を過去問題として公開します。その他に事前学習教材として用語集をご用意しています。
4. 実技試験はどのように行われるのでしょうか?
4. 事前にお渡しするマニュアルに沿って加熱もしくは非加熱の調理作業をしていただきます。マニュアル内容を理解して、安全に、衛生的に作業ができているか等を確認する試験となります。
実技試験に持参するものは、事前情報登録後にアクセス可能になるマイページで確認することができます。
5. 学科試験や実技試験の際に通訳は立ち会えますか?
5. 試験の注意点やスケジュール等の説明までは立ち会うことができますが、試験開始前には退室して頂きます。試験中は受験者と試験監督官のみとなります。
6. 受験料について教えて下さい
6. 学科試験10,800円・実技試験16,200円で合計27,000円(税込)となります。また、受験料振込後に受験をキャンセルした場合、受験料は返金いたしません。受験をキャンセルする場合は、受験料のお振込み前に必ずご連絡下さい。
6-1. 受験料以外にかかる費用はありますか?
6-1. 日本惣菜協会が指定した受験地以外で受験を希望する場合、試験監督官の旅費等を別途請求することがあります。
7. 技能評価試験の申請方法や流れを教えてください。
7.

  1. 実習機構へ連絡票(事前情報)を送った後、協会へ受験申請して下さい。
  2. 受験申請書及び受験料振込後、協会から受験票(試験日程含む)が届きます。
  3. 受験し、結果の連絡をお待ち下さい。
8. 不合格の場合はどうすればいいでしょうか?
8. 学科・実技ともに一度まで再試験を受けることができます。その際は再度受験料がかかります。2度目も合格できなかった場合、再々受験はできません。
9. 受験票はいつごろ届きますか?
9. 受験票(試験日程含む)は基本的に試験日の約一ヶ月前までにご登録頂いている担当者へメール送信されます。試験日時と試験会場も受験票に記載されています。
受験票が届きましたら、受験者氏名、生年月日、調理名に間違いがないか確認してください。間違いがありましたらご連絡下さい。なお、受験票には受験申請書と同じ写真を貼って下さい。
10-1. 受験希望地はリストにある都市だけですか?
10-1. 現在、受験地としてはリストに表示されている都市のみとなります。なお、試験日時・会場の変更には対応いたしかねますのでご了承下さい。
10-2. 受験申請書の受験者氏名のフリガナはどのように入力すればよいですか?
10-2. 受験申請書の受験者氏名は日本語読みのカタカナで入力してください。
10-3. 受験申請書の受験者本人の署名はどのように書いたらよいですか?
10-3. 受験申請書の受験者本人の署名は、パスポートに記載されている名前と同じくローマ字で書いてください。
10-4. 受験申請書の実習実施機関名の押印は、認印でもよいですか?
10-4. 認印は受付できません。実習実施機関の押印欄には事業者の印鑑を押印してください。
11. 実技試験のマニュアルはいつごろ頂けるのでしょうか?
11. 実技試験のマニュアルは、受験料のお振込み等手続きが完了次第メールにてお送り致します。
12. 実技試験マニュアル(加熱)で、計量カップで水を測るとありますが持ち物リストに計量カップがありません。必要ないですか?
12. 試験監督官が用意してるため、試験当日はそれを使用できます。但し、受験生が使い慣れている物があり持参した場合はそれを使用することも可能です。
13. 専門級の実技試験の内容を教えてほしい。
13. 実技試験は初級・専門級どちらも公表していません。手続きを進め、入金確認後にマニュアルをメールにてお送り致します。