惣菜製造業技能評価試験制度

技能評価試験(初級)

技能評価試験受験上の注意

(1)受験上の注意事項
基本的な業務を遂行するために必要な基礎的な技能および知識
(1)試験開始30分前から受付を開始します。
(2)遅刻者は原則、試験開始後15分以内に限り受験を認めます。
  ※万が一、受付時間に間に合わない場合は、必ず事務局へご連絡下さい。
   事前連絡がない場合は、「無断欠席」扱いとなります。
(3)試験中、不正行為があった場合には「0点」とし、再試験は認めません。
  ※不正行為の例:カンニングをする、答えを教える、答えを教えてもらう、問題や解答を受験票などに書き写すなど
(4)試験中、他に迷惑になる行為を行った受験生は試験を停止し、再試験を認めません。
(5)健康上の理由等で欠席する場合は、事前連絡があった場合に限り再試験を認めます。
(6)マイページに掲載されている「受験生が準備・持参するもの」を揃えてお越し下さい。(女性の方はヒール、スカートでの受験をご遠慮ください)。
(7)机や作業台に置ける物は、筆記用具と受験票のみです(携帯電話や貴重品はカバンに入れて頂きます)。
(8)監理団体および実習実施機関は、責任をもって技能実習生の送迎をお願いします。
(2)通訳
試験は日本語で行います。試験を円滑に行うため、試験開始前の「試験の注意事項」の説明時には通訳の立ち会いを認めております。なお試験中、通訳の入室はできません。通訳の手配は監理団体若しくは、実習実施機関で行ってください。
(3)初級試験の事前準備
実技試験に使用する試験資材は、監理団体と実習実施機関で相談の上、準備して持参してください。