惣菜製造業技能評価試験制度

技能評価試験(初級)

受験(初級)の申込方法

(1)受検申請連絡票(新規)を外国人技能実習機構へ提出
外国人技能実習生が「技能実習1号」から「技能実習2号」への移行を希望する場合、技能実習1号期間が終了する6か月前までに、外国人技能実習機構に「受検申請連絡票」を提出します(様式は機構のホームページからダウンロードできます)。
(2)日本惣菜協会から受験案内の送付
機構から日本惣菜協会へ受検申請連絡票が回送され、これを受けて日本惣菜協会は監理団体へ「事前情報受付確認案内」を送付します。

初めて申請する監理団体は、日本惣菜協会からのFAXを受けたら担当者の氏名とメールアドレス等をご連絡ください。「企業ID登録通知書」にてマイページのログインIDとパスワードを通知します。

(3)惣菜製造業技能評価試験受験申請書(初級)の提出
監理団体は、マイページから外国人技能実習生の「受験申請登録」を行ってください。
登録が完了すると監理団体に「受験申請書」と「受験料請求書」を送付します。
※「受験申請書」と「受験料請求書」は、自動送信メールにて送付しますので、迷惑メールに振り分けされないよう設定してください。
「受験申請書」を印刷し、受験者の自署と写真の貼付、実習実施機関・監理団体の社判押印の上、日本惣菜協会へご提出ください。「受験申請書」は個人情報が含まれるため、ゆうパケットやレターパックでのご提出をおすすめします。
(4)受験料の振込

監理団体は、「受験料請求書」に基づき、受験者数分の受験料を日本惣菜協会の定めた銀行口座に、支払期限までにお振込みください。
※必ず監理団体名でお振込みください。

ご注意技能評価試験の受験申込みは、受験申請書の提出と受験料の支払いを確認のうえで受理します。監理団体の皆様には、時間的な余裕を持って受験料の振込などの事務処理をお願します。受験料の振込を確認できない場合は、受験票を発送できません。

(5)受験票の送付
受験料の入金を確認後、受験票(試験日程含む)を試験実施日の約1ヶ月前までに監理団体へメールにて送付します。

受験実施予定期間(受験できる期間)の2週間前までに受験票が届かない場合には、事務局へお問い合わせください(受験期間が10月1日~11月1日の場合、9月16日までに届かない場合)。

(6)不合格者の再試験
不合格者は、1回に限り不合格となった試験を再受験できます。再受験を希望する場合は、日本惣菜協会へご連絡ください。再受験の受験料は不合格となった試験分が必要となります。